エリオット波動を理解しよう

今日の記事は相場の波動についてです
相場の波動とは上がって下がってを繰り返す値動きの特性のことで、この波動を読むことが出来ればトレードで勝てるなんて言われています。
ちまたではエリオット波動とかn波動とかよく耳にしますね
しかしその実態は実際の相場でどうやって波動を予測するのか、どうやって当てはめればいいのかさっぱりわからないですよね
そんなわけで今回波動の定義とトレードでの使い方についての考え方を初心者さんでもできるように解説していきたいとおもいます

まずは相場の基礎基本

既存の理論の話ではなく相場の基礎基本を軸としたお話になりますので、今までの波動の知識は一度リセットして新鮮なお気持ちで読んでください。
また初心者さんだけでなくすでにトレードしている人も新しい相場観として自分の幅を広げるためにぜひ参考にしてみてください
まず相場の波動の定義ですがこれは上がって下がってを繰り返す値動きすべてだと考えます

上がって下がってを繰り返す値動きすべてというのは大きな時間軸で言われる
価格は必ず戻すという意味でもあるしデイトレーダーの時間軸である中期足のトレンド・レンジの中の値動きという意味でもあります
エリオットやN波動だけが波ではなく相場は常に波を描いていると理解しようってことです

波って言葉が難しく聞こえる人は値動きは常にカクカクして動くよって理解でOKですね
では次に相場の波がトレードで重要な理由ですが、これはFXのトレードというのは価格が折り返すところでポジションを持つというのが基本だからです
押し目買いでもボリンジャーバンドにタッチでもどんな手法でも価格の折り返しを捕まえるというのが根底にあります
ブレイクは違うんじゃないのという意見もありますが、時間軸を変えればブレイクも折り返しを捕まえていたりしますからね
なのでトレードではいかに価格の折り返しポイントを見つけられるかが大事になります
この時、相場は常に波を描くという認識が重要になってくるのです

相場全体の方向と同じ方向へ下がったところで買い、上がったところで売ればトレードは勝つことが出来ますからね
これらでエントリーできればわざわざ波動の始まりという難しい考え方をしなくてもおのずと波動の始まりを捕まえることができるってわけです

価格の折り返しポイントはどこ?

次に価格の折り返しポイントをどうやって見つければいいのかについてです
価格の折り返しポイントは相場状況毎に表れやすい場面があるのでまずは相場状況を判断します
相場状況の一番大きな理由方は上昇トレンド・下降トレンド・レンジの3つですね
もちろん細かいテクニカルで分ければ数えきれないほどありますが、まずはシンプルにこの3つで判断していきましょう
トレンドなら切り上がり切り下がりの高値安値を斜めのラインで結んだポイント、レンジなら高値安値を水平に結んだポイント
これらが相場の中で一番シンプルな価格の折り返しポイントである相場の波動の始まりであり、エントリーポイントになります
波動ってほど大きくないじゃんと思う方は時間足大きくしていきましょう

またローソク足だけのチャートでは慣れるまで難しいのでトレンドレンジの判断は移動平均線や一目均衡表などトレンド系のインジケーターを表示させていきましょう
このように波動の始まりである値動きの折り返し地点を見つけるにはまず相場状況の把握が必要です
よく初心者さんからのご質問にトレンドの予測の仕方を教えてくださいというのがありますが、トレンドの判断は上昇トレンドだから買う、のようにトレードするために判断するのではなく、エントリーポイントを見つけるために判断します
またマルチタイムに見ていけば大きな時間足の折り返しポイントを捕まえると小さい時間足ではトレンドの予測ができますからね

では話を戻して波動のもう少し実戦的な見方をしていきます
折り返しポイントを見つけたとはいえ必ず思い描いた通りに価格が折り返すとは限りません
リアルタイムの右側のないチャートではどこまでいっても確率ですからね
これを判断するためにより細かい情報をチャートから読み取る必要があります

エントリーポイントを見極める

この読み取る段階がいわゆるエントリータイミングというやつです
折り返しポイントより小さい時間足で見てチャートパターンなどから折り返しという根拠を読み取り、最終的なエントリー判断を下していきます
なのでエントリーポイントとなる折り返しポイントを見つける時間足は必然的に中期足など大きな時間足になります
仮に波動を捕まえることが出来れば40pipsとかの値幅を抜き取ることができるし、損切りも-20pipsとかで設定すれば損小利大です
また、結果が出るまで数時間かかるので、エントリーすれば放置というトレードスタイルを実現できます

波動とか難しく考えずに基礎基本を身につけ、相場でエントリーしやすいポイントを見つけようということです
エリオット波動についての御質問をよく頂くのですが、これはあくまで確率的な話であり必ずこうなるものじゃないですからね
というが相場の基礎基本を知らずに難しい理論理屈を覚えたところでそれを相場に当てはめることができません
何事もそうですが基礎基本を身につけた上で難しい技術の話が腑に落ちるものですからね
要は勉強する順番の問題です