コロナ後のスピリチュアル!!!

  • 2020年7月5日
  • 2020年6月23日
  • 働き方
  • view

ネガティビティバイアスが蔓延した世の中でネットにおける誹謗中傷がエスカレートしています。不安と恐怖が、より過激なネガティブな表現を生み出してしまっているのだと思います。未来への希望や目の前の感動があればマイナスの状況や気分とのバランスが取れます。

 

私たちの世界は陰陽二面のバランスでできていて、それは(必ず同じ量)でバランスしています。嫌なことがあった時には、同じ量の良きことが起こっています。しかし心が落ち込んで目の前のことしか見えていない場合は隠れた反対の面に気づかないことが多いのです。

今のように世界規模の危機の場合には、よりポジティブな面が見えにくくなっています。危機の最中には、いかにマイナスをゼロに戻していくかが最も重要な関心事であり優先されるべきことになりがちです。

しかしゼロに戻すことだけでなく、その先のポジティブな方向へ目を向けることで、今もこれからも陰陽二面が存在していることに気づけます

 

日々のちょっとした感動に気づくこと。

家族との時間の大切さに気づくこと。予定表にワクワクすることを意識的に入れること。職場という存在の有難さに気づくこと。今制限されていることが自由になったときにやりたいことをイメージすること。

様々なイマジネーションで自分を高めることが、より良いウエルビーイングな日常を創造します。私が提案するキーワードとしては、「ニューリアル エボリューション(進化)」

これまで当たり前だと思っていたリアル。意識しなかったけど大切だったリアル。なくなるとその重要性に気づくリアル。本当は感動的なことだったリアル。

それは、特別なことや新しいことでなく、これまでの日常的なリアルに本当はあったはずの価値の再考。

これが実現すれば、モノクロに見えていた出来事が

もっとカラフルに見えて幸福感が劇的にアップすることは

間違いないでしょう!

人の動きが止まり、心が止まり、経済が止まった今。どうすれば生活が成り立つか、仕事を続けられるか、未来に対する不安でいっぱいの時に感動やハピネスと言われても・・

と思い始めたら、どうか、思い出してください。

陰陽二面は、いつでも同時に存在することを。コロナパンデミックで制限され閉じ込められた感動エネルギーが、反対方面へ解放されるときこそ、日本も含めた世界の経済が再起動されるときです。

パソコンをイメージすればわかりますが、再起動した後は、不具合や無駄が解消され最適化されていることでしょう。

今の流れを見ていると、近々自由主義国の英知が急速に結集し、治療薬やワクチンや対処法が見つかり秋までには人の動きが戻っていると私は予想しています。

人が動き、心が動き、経済が動く。

No rain 、no rainbow

(雨がなければ虹はない)