トレードで本当に楽にお金儲けができるのか

もちろんだ!実は、トレードで楽にお金儲けができるというのは、かなり控え目な表現だ

私はトレードほど簡単で素早くお金を儲けられる仕事がほかにあるとは思わない。最も単純な意味、トレードに参加するのに必要なものは、パソコンとインターネット接続、電子取引用のツール、それに証券口座を開設できるだけのお金だけだ。

 

トレードをするのに必要なことは次のとおり

  • 目と手をうまく連携させて、画面の適切な場所にカーソルを動かす
  • 買うか売るかを決める
  • マウスをクリックして、注文を執行する

判断が正しかったら、わずかな時間でマウスをクリックする前には想像もしていなかった利益が得られているだろう。これほど簡単で単純なことがあるだろうか。勝つために、特別な技巧はいらない。マウスを動かしてクリックするために使うエネルギーなど、たかが知れている。

また、トレードの専門知識に関しても、相場についての知識は特に必要ないし、売るか買うかの決定を正当化するためのもっともな理由すら必要ない。必要なのは、銘柄を選び、望む価格までマウスを動かして、クリックするだけだ。さらに、勝てる可能性を知って興奮したければ、本当のトレードで勝つ必要すらない。

つまり、初めての勝利を味わうのに、実際の取引口座を使う必要はない。確かにトレードはお金儲けの最も簡単で一番の近道だと納得するには、シミュレーション用の口座でも構わないし、相場の動きを見ながら、安値で買って高値で売るか、高値で売って安値で買い戻す様子を想像すれば済む

トレードで本当に楽にお金儲けができるのか

 

「乗数効果」を当てはめる

当てはめるときには、特にそう言える。たとえば、ジョージという典型的な人がいたとしよう

彼はWXYZ社を一株当たり一〇ドルで一〇〇株買ったときに、初めて勝った。注文が約定して数分後に上げ始めた。大引けごろには一株一二ドルで取引されていて、二〇〇ドルの利益になった。通常なら、二〇〇ドルはジョージにとって大金ではないかもしれず、大したことだとも思わないだろうが、それが持つ意味は大きい。

彼は投資をして数時間で、二〇%という途方もない利益を得たのだ。二〇%は経済的には本当に大きい。だが、心理的にはもっと大きな影響がある。ジョージが二〇%以上のリターンを一日のうちに稼げると考え始めたら、「もしも~だったら」という場面をいくつか想像し始めても当然だ。一〇〇〇株、あるいは五〇〇〇株を買っていたら、どうなっていただろうかと。

そして、利益を二〇〇ドルから一〇〇〇ドルに増やすには、取引ツールの株数欄にゼロを付け足すだけでいい、と必ず思うようになる。確かに、得られる金額とその素早さを考えると、ゼロを付け足してマウスをクリックするのは信じがたいほど簡単だ。

要するに、本当の経験であれ、想像上の経験であれ、勝つのがそれほど簡単なら、お金を儲けるのも簡単に違いないという結論に至るのは当然だ。